勉強の仕方

私は読む・聴く・書くのサイクルで理解していくタイプかな。

カラーセラピーの場合なら、

数々のシステムを日本に導入された橋本先生の話を聴く→先生の書いた本を読む、先生おすすめの本を読む→ほかのカラー関連の本を手当たりしだいに読む

その都度まとめながら、自分のノートを作っていきました。

たくさん本を読んでいくと、たとえば、レッドが象徴するものについて、ある著者はこう書いてる、別の人はこうも書いてる、いろんな考え方に触れられます。

「どれが本当?」と絞るのではなく、それら全部を書き出して、自分なりにまとめていくと「核」のようなのが見えてくるように思います。

また、書きながら自分の言葉にしていくと、ようやく腑に落ちる感じ。

「字を読んでも何も入ってこない」「録音した講義を何度も何度も聴いて覚えてる」という方にお会いしたこともあります。

耳で勉強するのは私は得意じゃないかも…

人それぞれですね。

11/8〜11は連絡がつきにくくなります

11/8〜10は札幌出張、11/11は名古屋で一日講座を予定しています。

期間中は、電話には出られない時間帯が多くなります。メールのご返信も遅くなります。

ご不便をおかけしますが、よろしくお願いします。


先日、八事の興正寺にお散歩行ってきました。

門の向こうに見える大仏様に向かって上っていくの素敵でした
もう少ししたら紅葉もきれいでしょうね。秋の色を探しにいきたい

色がない食事

近ごろ飲食店ではインスタ映えするメニューが必須なんでしょうねぇ。

ビジュアル重視のメニュー、増えてますね。華やかさ、美しさ、めずらしさ。

大きさのインパクトもあるけど、決め手はやっぱり色でしょう。一瞬で引きつけるのはカラフルであること。

反対に、色数が少ないのって、ちょっとさびしいですよね

これは横浜名物、崎陽軒のシウマイ弁当ですけど、有名店のおいしいシウマイでもねぇ。蓋を開けた時にぜんぶベージュだと、うむむ。

色がない=野菜がない=栄養も偏る、とすれば、バランス良く食べるには色から揃えるのも大事かもですね。

夏野菜、トマトの赤、キュウリの緑、ナスの紫。いろいろ取り入れたいですね〜