ミュシャ〜アール・ヌーヴォーの華〜

アーチをくぐると

展覧会のメインビジュアル、黄道十二宮が迎えてくれます。

ミュシャの絵には、花や植物、星、ハート、円と曲線、半月など、女性好みのモチーフいっぱい。

100年以上の時を越えて人気ですね〜

版権が切れてるものは、今加工して使われてるのを目にすることもありますが、元の絵より明るく、よりエッジを効かせて加工されてるようです。

この絵も、展示されてた本来の作品はけっこう落ち着いた色、浅い色でした。

同じ絵なのに印象が違いませんか?

19世紀末の色使いは、今の人間には物足りなく感じるのかな?

一般向けの商業デザインは時代とともに変わってくのか、それとも地域的な好みの差なのか、あるいは瞳の色の違いで目に心地いい色が違うのか、興味深いです。

彩度、明度、色のトーンでこんなに変わるって感じる展覧会でした。

四日市市立博物館のミュシャ〜アール・ヌーヴォーの華〜9/5まで、写真撮影OKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA